tranning’s diary  「旅のフォトコラム」

   旅行記(TRAVEL),ランニング(RUNNING)の記録を画像中心で掲載しています。

Vietnam

ホーチミン市内の束の間の一人旅~まだまだ色々な場所に行ってみたかったがこれで終了。。。

ホーチミン市内を朝からず~っとブラブラ歩きながら廻っていたら、あっという間に夕刻になってしまい、家族との待ち合わせ時間が迫ってきてしまいまだまだ行ってみたい場所は沢山ありましたが、次回本当に一人旅に来た時にまたジックリと訪れる事にします。 …

ホーチミン 「ファングーラオ」の路地裏・横丁~続き、ここがベトナムの原点のような。。。

この界隈を歩いていると、小さい頃に見かけた昭和30年~40年代の光景にぶち当たり、なんか懐かしくなってしまい、時間をかけてウロウロしてしまいます。 とかく東南アジアのどこの都市でも見かける佇まいですが、妙にこれが気分を高める感じが湧いてくるのが…

「ファングーラオ」の路地裏・横丁~ここがいかにもベトナムですという光景。。。

「ファングーラオ」の ファングーラオ通り、 ブイビエン通り、デタム通りにそれぞれ繋がる路地裏の細い通りに、ゲストハウス、格安のホテル、安そうな食堂等庶民の生活の臭いが漂っている。 2007年から10年近く続けているブログが下記の「アメブロ」です。 …

「ファングーラオ」~ホーチミンの「カオサン」と言われている。。。

バンコクで言えば「カオサン地区」に当たるのが、ホーチミンではここ「ファングーラオ界隈」。 ここはインドシナを旅するバックパッカーが必ず集まるエリア。 バックパッカー街は『ファングーラオ(Pham Ngu Lao)』と呼ばれていますが、具体的に言うと三つの…

ホーチミン「タイピン市場」~こちらは市街地の中心にあるがローカル色が強い市場!!

「ファングーラオ通り」の一番端にある市場。 ここはあまりガイドブックにも紹介されていないようだが、「ベンタイン市場」と同様に便利な場所にあるけれど、地元の人の生活に欠かせない東南アジアのローカルな雰囲気を醸し出している食品が中心の市場。 「…

「べンタイン市場」から「サイゴン駅」までの道のり

先に「サイゴン駅」の記事を紹介しましたが、 「ベンタイン市場」から「サイゴン駅」迄は歩いて行きました。 tranning.hatenablog.com tranning.hatenablog.com tranning.hatenablog.com 「ホーチミン市内」は、これだけの規模の街にしてはレイル系の乗り物…

「サイゴン駅」(ガッ・サイゴン)~駅前広場には蒸気機関車が。。。

大きな街に行くと、自然に足が向いてしまうのがその街の駅・・・、別に列車に乗る訳でもないのに必ず行ってしまいます。 バンコクの「ファランボーン駅」へは必ずタイに行った時は、寄るようになってしまいました。 「ハノイ」でも早朝に行ってきました。 ↓↓…

ホーチミン「ベンタイン市場」~場内にあふれる2000軒を超えるお店に圧巻!

市場と言えば、生鮮食品を扱うお店がほとんどを占めているのが通常だが、ここ「ベンタイン市場」は、日用雑貨品からお土産物までまさしく「観光市場」化されています。 品物の値段も観光客相手の土産物屋よりは安いが、ローカル市場に比べれば高いようです。…

ホーチミン「ベンタイン市場」~朝早くから夜遅く迄動きが止まらないベトナム一有名な市場

ベトナムでの最終日は、(翌日朝早い帰国便のフライトだったので)最後ということもあり、家族とは離れ夕食まで待ち合わせ場所と時間を決めて、別行動にて1日一人旅を満喫。 こうゆう時にまず足が向いてしまうのが、タイ バンコクでも同様に市場へ必然的に…

「サイゴン川」沿いの新・旧織りなす佇まい。。。

「サイゴン川」沿いには、新しく出来たマンション群、今後建設中の高層建物が目立ちますが、その合間に昔ながらの「ベトナム戦争」の前からあっただろうと思うバラック建ての民家がまだまだ幅を利かせています。 2007年から10年近く続けているブログが下記の…

「サイゴン川」で沐浴している人を見たりして、暫し川沿いを散歩。。。

ホテルからのシャトルボートを降りてから、暫しホーチミンの中心地「サイゴン川」沿いの散策。 その時にこのサイゴン川で沐浴している方を眺め、シクロ(自転車タクシー) のドライバーにしつこく付きまとわれながらも気持ちがいい早朝のひと時を過ごすことが…

ベトナム ホーチミン 「サイゴン川」に停泊している船の数々。。。

ホーチミンに滞在中は街中でなく、少し外れた「サイゴン川」の畔にあるホテルに滞在していました。 このホテルは街の中心までモーターボートでの送迎がもちろん無料であります。 その他にバンでの送迎もあったが、早朝にこのモーターボートにて家族がまだ寝…

ホーチミン市内を流れる川は「サイゴン川」、「メコン川」ではなかった。。。

「メコン川」と言えば、チベット高原から中国の雲南省、ミヤンマー、タイ、ラオス、カンボジアそしてベトナムを経て「南シナ海」に流れるインドシナ半島を縦断する全長4,000㎞の大河。 カンボジアの首都「プノンペン」を通っているので、少し前まで「メコン…

ホーチミンの夜・ドンコイ通り~サイゴン・スカイデッキ~ベンタイン ナイトマーケット辺りまで。 

夜の「ドンコイ通り」は、道の真中を走っているバイク、人込みを見なければどこもライトアップされていて雰囲気があります。 特にこの夜のオペラハウスは必見の価値あり。。。 丁度訪れた時期も「チャイニーズ・ニューイャー」の少し前だったので、何処もそ…

「ラ・クレープリー カフェ&レストラン」 ~ ベトナムでのクレープ料理の数々。。。

ベトナムはかつての統治国フランスの影響があちこちにあり、食に関してもそれが強く残っており、本場フランスで食べるより安いフランス料理があるようです。 かと言って本格的なフランス料理はちょっとなので、少しでもフランスの雰囲気を味わおうということ…

「ドンコイ通り Dong Khoi Street」~やはりここはベトナム。。。

前の記事ではこの「ドンコイ通り」をベトナムのシャンゼリゼ通りと称しましたが、確かに通り沿いの建物、その佇まいを見ていれば言えるのですが。。。 ↓↓↓ tranning.hatenablog.com 通りの真ん中の道路では、ベトナムならではのバイクがひしめき合い、クラク…

「ドンコイ通り Dong Khoi Street」~ホーチミンのシャンゼリゼ通りと言われている!

ホーチミンのメインの通り「ドンコイ通り」、ここの空間だけがベトナムに居るのを一瞬忘れる様な感じの雰囲気で、有名なホテル、ブランドショップ、ショッピングセンターが軒を連ねている。 丁度真ん中辺には、コロニア建築様式の市民劇場(オペラハウス)が…

「ホーチミン 中央郵便局」~郵便局が観光名所になっている処って他の都市ではあまりないのでは!?

「サイゴン大教会(聖母マリア教会)」の隣に、コロニア調のいかにも歴史ある建物があり、これが「ホーチミン 中央郵便局」。 世界中の各都市、小さな町とかにもには必ず郵便局というのはあるが、旅の途中でも日本に手紙、又は荷物を送るとかいう時に行くが…

サイゴン大教会(聖母マリア教会)~ホーチミンのシンボル・象徴

タイの記事がここ数ヶ月続き、タイからは少し離れますが(ただ次の訪タイがもうすぐに迫ってますが)、その間にまだ紹介しきれなかったベトナム訪問時の画像がありますので、暫しの時を使い紹介します。 ランニング関係の方にはとっくに飽きられていますが、…