読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tranning’s diary  「旅のフォトコラム」

旅行記(TRAVEL),ランニング(RUNNING)の記録を画像中心で掲載しています。

バンペー埠頭から「サメット島」への船に乗ったのは良かったのですが。。。

ラヨーンにある「バンペー埠頭」から船に乗り一路「サメット島」を目指します。 この日は天気も良いし、暑かったですが船の甲板には心地良い風が吹いてきて最高の船旅です。 埠頭を出た時には、すでに「サメット島」の島影が見えていて、スピードボートに乗…

パタヤからサメット島に行く方法~サメット島に船で渡る「バンペー埠頭」まで

今回はパタヤだけでは満足できなく、かと言って「ラン島」には前回訪問した際に1泊滞在して訪れました。 なので今度はさらに先の「サメット島」に行くことに。 ただ「サメット島」に行くには、バンコクからだとパタヤに行くのと同じく直行の大型路線バスは「…

パタヤビーチの夕陽~再び 毎日違うシルエットを見ることが出来ます。。。

パタヤ滞在中の特に夕刻の時間は、ホテルがオンザビーチではなかったけども比較的ビーチに近い距離にあったので、自然と足が向いてしまいました。 画像中心で。。。 こうゆう記事は文章はいらないと思っています。 ■暫く前に「グーグル・アドセンス」に申込…

パタヤ 食事はついつい「センタン(セントラルフェスティバル・パタヤビーチ)」で済ましてしまいました。。。 

ビーチロード沿いにタイ国内では最もポピュラーなセントラルグループのモール「セントラルフェスティバル」があります。 文字通りビーチロードの丁度真ん中に位置し、通称「センタン」と呼ばれていてパタヤでもランドマーク的な存在として常に多くの人々で賑…

「パタヤヒル」の展望台の脇にある絶景を見ながらコーヒーが飲めるカフェでのんびりと。。。

「パタヤヒル」の眺望はすでに紹介しましたが、その展望台の脇にオープン型式のカフェがあります。 最初ワゴン車の中で飲み物を販売している、移動式の屋台カフェかと思って「アイス・ラテ」を注文してから見たら、奥に屋外のテラス風にテーブルと席が用意し…

「パタヤヒル ビューポイント」~の色々な船が停泊しているパタヤ湾の眺望が何とも最高!! 

ビックブッタ(ワット・プラヤイ)の反対側の丘が、あのパタヤビーチの看板で有名な「パタヤヒル」があります。 このパタヤヒルの展望台から見るパタヤ湾の眺望が、何とも言えずに素晴らしく一見の価値が。 パタヤ湾に浮かぶ大小様々な船が絵になっている。 …

パタヤ 「儒道佛 三聖山」(ワン・サム・シエン)~面白系陳列物の寺院の一つ

「ビック・ブッタ」の丘100mぐらい手前に、「儒道佛 三聖山」という中華系のお寺があります。 実は「ビック・ブッタ」に行く前にバイタクの運転手から、ここも見所があると先に降してもらい見学、参拝をしてきました。 「三聖山」は、儒教、道教、仏教の3つ…

パタヤ 「ビック・ブッタ(Big Buddha Hill Pattaya)」ワットプラヤイ~の眺めが最高にいい!!

パタヤの街からすぐの場所の小高い丘の上に「ビック・ブッタ」があります。 前回訪問した際は北パタヤの先にある「サンクチュアリー・オブ・トゥルース」に行って感動したので、今回の訪問時は南にあるパタヤヒルへ。 歩いても行ける距離だったのですが、行…

「パタヤの夜」~ナイトバザールは今一つ活気がなかったが街角では大道芸人がチラホラ。。。

「パタヤの夜」と題すると検索エンジンがアッチ系の記事に分類されてしまいますが、ソッチ系に全く興味がない訳ではありませんが。。。 パタヤには、「ウォーキング・ストリート」の他のも「ソイ6」、「ソイブッカオ」等があり、こちらの方は流石に中華系の…

パタヤ 「ウォーキング・ストリート」は正に「歩くだけの道」になっていた!?

パタヤの夜の象徴と言えば「ウォーキング・ストリート」、このゲートを潜った先には色々な夜を楽しむお店がひしめきあっています。 色々な案内、ガイドブック、サイトにも夜のパタヤには必ずと言っていいほどこの「ウォーキング・ストリート」の様子が紹介さ…

サンセットが終ると「パタヤビーチ」には夜の帳(とばり)が下りる間もなく。。。

「パタヤビーチ」は、サンセットが終わり夜の帳(とばり)が下りると同時に、これからがここパタヤビーチの本領が発揮される時間帯。 沖に停泊している船が次から次へとネオンを灯してきます。 水上レストランの様ですが、船の上に十字架のネオンが付いてい…

「パタヤビーチ」の幻想的なサンセット~夜の歓楽街へ行く前に一見の価値あり!!

昼間ビーチ沿い、街中を一通り散策した後に一旦ホテルに戻るがどうしてもホテルの部屋にじっとしていられない性格なので。 なので一人旅の時は、絶対に贅沢な高級ホテルに泊まる必要性が全くありません。 シャワーだけ浴びたら今度はサンセットを見にビーチ…

「パタヤビーチ」~来る度にビーチがきれいになっているのは気のせい!?

ビーチリゾートに来るとまず最初に何処に行くかと言えば・・・。 それが昼間の時間帯で天気が良ければ、まずはビーチでしょう。 早めにホテルにチェックイン出来たと言え、部屋でゆっくり休むという事は絶対にしません。 事前にアーリーチェックインなど、余…

パタヤ フリッパーハウス ホテル (Flipper House Hotel)~リーズナブル、フレンドリーで充実!!

パタヤの宿泊は「フリッパーハウス ホテル」。 「パタヤマラソン」のスタート、ゴールにも近くてリーズナブルな料金で宿泊出来るとあって、ここに来めました。 ■ フリッパーハウス ホテル (Flipper House Hotel) 213/2 Soi 7, Pattaya, Thailand www.agoda.c…

バンコク~パタヤへ行くにはやはり「エカマイ東バスターミナル」から直行バスにて!

またまたタイの記事に逆戻りですが、本来は昨年参加した「バンコクマラソン」に参加して又バンコク周辺をうろうろしようとも思ったのですが、プミポン国王の崩御でマラソン大会も中止になってしまった事もあり先延ばしに。 なので行きたいという思いを込めて…

台北駅~桃園国際空港 超格安航空券の利用なのに自分だけラウンジを使って!

台北の旅の記事がやっと最後になります。 台北への5日間の旅で、58話の記事に紹介し途中飛ばさずに今回は一気に紹介いたしました。 このペースで年に4回~5回旅に出ていれば、一年間の話題に事欠きませんが。 早く日頃の生活に余裕を持ち、リアルタイムで記…

「雙連朝市 Shuanglian Market」、中山地区周辺~欠かさない朝の散策

台北での最終日、やはり朝の散策は欠かせない行事の一つ。 この日はそんなに早く起きられなかったので、チェックアウトの時間迄朝食後に一人でぶらぶらと。 まずはMRT雙連駅の目の前の 「雙連朝市」から。 「林森北路」を下って「林森公園」へ。 tranning.ha…

「京鼎樓 Jing Ding Lou」~名物の烏龍茶小籠包その他もなかなかの味でした。。。

「九份」から夜遅くに帰ってきてホテルにチェックインしてから食べに行った、ホテルと同じ「中山地区」にある小籠包のお店。 ・「京鼎樓 Jing Ding Lou」 場所は中山地区の「森林北路」と「長春路」の交差点を少し東に行った通り沿いにあります。 東京恵比寿…

優美飯店(YUMI HOTEL) ヨウメイホテル~夜遅く部屋に入って朝気づいたら・・・。

窓がない部屋でした。。。 だた違和感、閉塞感は全く感じない部屋。 前日にホテルに着いたのは昼前だったので、チェックイン手続きだけをして荷物だけを預けて「九份」にでかけたので、帰りは夜遅くそのまま部屋に。 その後夕食を食べに出かけ帰ってからその…

「瑞芳(ずいほう)駅」~「台北駅」までの帰りは「区間車」で。。。

「九份」ではそんなに夜遅く迄いなく陽が沈み、街のライトアップがほぼ終わり暗くなってきたかなと思う頃合いを見て引き上げました。 帰りも行き同様、タクシーを使い山を下り「瑞芳」の駅へ。 「瑞芳」の街も駅前は多少の賑わいはあり、少し見ていきたかっ…

「九份(きゅうふん)」~やはり最後は夜景で締めくくります!!

パンフレットやガイドブックで一番よく見かける構図。 特に夜の茶芸館「阿妹茶楼」の、赤い提灯が連らなる様子が「九份」の代表的な光景。 その横の階段を上がったレストランの入口から横に広がる夜景が、一番の代表的な構図だが人が多すぎでおまけにそのレ…

「九份(きゅうふん)」~サンセットを展望台からじっくりと眺めて。。。

九份の街は山間にあるので、老街(基山街)をさらに歩いていくと外れの方に展望台があります。 2か所あり手前の方は人でごった返していて、サンセットを見る場所の確保が難しいが、さらに先にいった外れの場所にも展望台があり、ここであれば場所の確保も楽…

「九份(きゅうふん)」~夕暮れの老街の様子、提灯の明かりが風情があり何とも言えず。。。

日がだんだん暮れてくると、老街(基山街)は夜景目的の為に来る方々で増々人通りが多くなって来ていますが、少し先に行くと静かでそんなに人が多くない路地もあります。 やはりこの街は夕暮れ時になると提灯の明かりが映えて、独特の色合いになってきますの…

「九份(きゅうふん)」~老街(メインストリート)から離れても見処が沢山!!

「基山街(キザンガイ)」、「豎崎路(ケンザキロ)」のメインのストリートから少し離れた処に、展望台がありそこからの景色が良く暫く見とれていました。 古いアジアチックな街並にヨーロッパの山間の街を彷彿させるような光景を見る事が出来ますので、ここ…

「九份(きゅうふん)」~「芋仔蕃薯(オアーハンジ)」でお茶と景色をゆっくりと満喫!!

「芋仔蕃薯(オアーハンジ)」というお茶屋さんの外からの様子を前回案内しましたが、店の中に入り席に座り(景色のいい窓際)お茶をオーダー。 店の中の様子はこんな感じのテーブルと椅子が設置されています。 入った頃合いは数組のお客しかいなかったが、…

「九份(きゅうふん)」~「芋仔蕃薯(オアーハンジ)」トンネルを抜けると…そこは!? 

お茶屋さんでした。。。 「基山街」をうろうろし、「豎崎路」の階段を登り降りしたりして多少疲れがでて、喉も乾いてきたので自分一人だったら絶対に入らないだろう「茶芸館」。 ■ 「芋仔蕃薯(オアーハンジ)」。 場所的には、あの「阿妹茶樓」の隣だが上の…

「九份(きゅうふん)」~「豎崎路(けんざきろ)」を上まで登ると「九份小学校」が。。。

「豎崎路」の階段を上まで登ると、行き止まりにあるのが「九份小学校」。 正門の前には、階段があるが観光客が皆階段を登り切って疲れているのと、ここからの景色があまりにも素晴らしいので暫く居座っている方が多いです。 小学校の正門前なので、児童の通…

「九份(きゅうふん)」~「豎崎路」千と千尋の神隠しの舞台になったと噂される赤提灯の階段道!!

基山街(キザンガイ)の中心を縦に貫く細い石階段の路地が「豎崎路(ケンザキロ)」。 赤い提灯と階段道の両サイドにあるレトロな建物が風情溢れる独特の雰囲気を感じさせてくれ、台湾の映画作品「悲情城市」のロケ地、そして「千と千尋の神隠し」の舞台にな…

「九份(きゅうふん)」老街~まずは「基山街(舊道口)」から入るとあまりのも人の多さにビックリ!!

台湾北部の新北市瑞芳区にある山間の町「九份(きゅうふん)」。 日本統治時代に金鉱山として栄華を極めたが、その後廃鉱になり衰退した。 再びスポットライトを浴びたのは、映画「非情城市」の舞台となったことで観光地として注目されることに。 さらに日本…

「瑞芳(ずいほう)駅」に到着~その後「九份(きゅうふん)」老街の入口へ。。。

あっという間の「普悠瑪号(プユマ号)」の旅、列車での旅はあまりにも短時間では物足りない。 帰りの時間帯はすべて区間車(普通)のようで、これだと確実に1時間以上かかります。 駅舎と改札口、それと駅前広場を見ると完全たる日本のローカルな中規模な駅…

普悠瑪号(プユマ号)に偶然乗車出来てしまった、「台北駅」~「瑞芳駅」あっという間で物足りなかった。

台北に来たなら絶対に「九份(きゅうふん)」に迄行かなくてはと、この日は昼過ぎに出かける事に。 まず「九份」迄の行き方ですが、手っ取り早いのは現地ツアーとかに申し込めば簡単。 バスであれば、直接「九份」の中心街の近くに一本で行けるというこれが…

冰讃(ピンザン)のマンゴー雪花氷(シュエファービン)~台北での朝食はこれで充分!!

「圓山大飯店」をチェックアウトして、次のホテル(中山地区なので、MRT雙連駅で降りて)に荷物だけを預けて、当然「圓山大飯店」では朝食を食べる余裕(金銭面もあるが、お客が少なくてレストランが営業していたかどうか確認が出来なかった)もなかったので…

士林夜市(シーリンヨイチ)~ここは東京で言ったら上野から御徒町界隈の「アメ横」。。。

「士林夜市(シーリンヨイチ)」で最初にカットフルーツ、かき氷を食べてからは、屋台で胡椒餅、 帆立の串焼きなどを食べたらすでにお腹がパンパンで夕食はここで充分賄えます。 ホテルなんかで食べるより、かなり安上がりだし満足も出来る。 台湾に来たら夕…

士林夜市(シーリンヨイチ)~台北の中心から少し離れた処にこんな広大なスポットがあるとは・・・。

「圓山大飯店」での夜は誠に寂しいものでした。 食事をするにも中華レストランはほとんど客が入っていなく、バッフェのレストランは団体の夕食を食べにだけ来ていた客がいたものの、食事が済んでからはライトアップの建物の写真を撮った後はさっさと帰ってし…

「圓山大飯店 グランドホテル台北」~部屋のベランダから飛行機の離着陸が目の前に見えます。

「圓山大飯店」 シティービューの部屋のベランダからの眺めですが、この光景を見るだけでもシティービューに泊まる価値はあります。 前日夕陽のシーンを撮影する際にレンズの装着調整が悪く、ちょうどサンセットの時に写真を撮ることが出来なかった。 朝日は…

「圓山大飯店 グランドホテル台北」~朝のホテル内の敷地の散策、宿泊客とほとんど会わない。

圓山大飯店に宿泊したのですから、ホテルの話題をたった一話で終わらせる事はしません。 これを含めて四話ぐらいですが・・・、かんべんしてください。 夜はあまりにもホテル内が寂しかったので、「士林夜市」に行って(これはホテルのレポートが終了後に報…

圓山大飯店 グランドホテル台北(THE GRAND HOTEL)~ワンフロアにたった一組のお客!!

台北グランドホテルの宿泊の続きですが、このような国賓級の方が泊まるホテルに1泊でも宿泊した体験は貴重です。 昨年も家族旅行でシンガポールに行った時もあの「マリーナ・ベイサンズ」に1泊だけしました。 (その後に泊まったホテルとの差のギャプは凄ま…

圓山大飯店 グランドホテル台北(THE GRAND HOTEL)~に宿泊、たった1泊ですが。。。

台北に泊まるならこのホテルに泊まってみないと。。。 と皆さん思うのですが、このホテル思ったより場所が不便なのと同じ料金で市内の5星クラスのホテルが沢山出来ているので、年々人気がなくなっているのが現状の様です。 ただやはり話の種にと、雰囲気を満…

天厨菜館(南京西路店) Tian Chu Taipei~ここでの北京ダックは外せない。。。

台湾に来て「北京ダック」、イメージが湧かないかと思いますが昨年シンガポールに行った時も「北京ダック」を食べて、その時の味が忘れられなかったので。 並んで「鼎泰豊(ディンタイフォン)」の小籠包を食べるよりはいいかと思い、「東門」から「中山」ま…

東門町の「永康街(ヨンカンジェ)」~人気グルメが集結した場所!!

西門街があれば東門街が当然の如くあります。 但し東門の場合は、正確に言えば「東門永康街(ヨンカンジェ)」。 西門町が東京で言えば渋谷であれば、東門町は上野から浅草界隈か・・・。 ビルの向こうには、スカイツリーでなく「台北101」が見えます。 小籠…

「中正紀念堂」~昼間に1時間ごとにやっている衛兵交代儀式をお見逃しなく!!

紀念堂の入り口へ向かって、89段の階段を上ります。 89段にしたのは、蒋介石の亡くなった年齢が数え年で89歳だった為。 中正紀念堂では衛兵交代儀式が毎日、午前9時から午後5時まで、1時間毎の正時に行われています。 <衛兵交代開始時間>09:00、10:00、11:…

「中正紀念堂」~台北に来たなら必ず訪れるシンボルとも言える観光スポット。

以前台北に来た時も訪れたであろう場所、この建物だけは憶えていますが何処をどう歩いたのかは全く覚えていません。 「中正」とは中華民国初代総統であった「蒋介石」の本名(=蒋中正)を指し、1975年4月5日に亡くなった蒋介石に対する哀悼の意を込めて建てら…

「新富市場」、「東三水街市場」~ここがまた年代を感じさせてくれる市場

ここも朝の散歩の際に偶然というか、一応地図にも載っていたのでどうゆう市場かなと思って行ってみましたが、朝からしっかりと商売していて期待に応えてくれたものでした。 一部の店はシャッターが閉っていたが、朝から活気が満ち溢れていた。 鳥が吊るされ…

剥皮寮(パオピーリャオ)のレトロな街並に惹かれて、入口まで行ったが。。。

龍山寺の手前に、何ともレトロな雰囲気の街並がありました。 レンガ造りの街並の剥皮寮(パオピーリャオ)。 剥皮寮は清朝の古い町並みを改修しながら今に残している歴史保存地区。 早い時間だったので、龍山寺周辺をぐるっと一周してから再度訪れたら何と当…

厳粛な空気が漂う朝の「龍山寺」とその近くの「青山宮」にも拝拝(バイバイ)を!!

夜も参拝したが、ついでに朝も訪れて拝拝(バイバイ)を・・・。 朝は空いているだろうと思ったら、とんでもない地元のお年寄りの方達が一斉にお経を読みながら参拝していました。 それを見に来ているのか観光客の姿も結構見かけました。 龍山寺の脇の道路を…

早朝の「華西街観光夜市」を散策し,昨夜の怪しい界隈の正体を確認しに!!

前日の夜に龍山寺のアーケード街を少し入ってから、家族の反対に合いやむをえなく引き返したがどうしても怪しい雰囲気を確認する為に、早朝の朝食前にホテルを出て一人で確認しに行きました。 家族での旅の時でも早朝の時間は唯一、「一人旅」が満喫出来る時…

「華西街観光夜市」~龍山寺の近くにある怪しい夜市と言われているが。。。

龍山寺を出て西へ向かうと、屋台が出ている夜店が連なる通りが見えたので行ってみました。 道の真ん中に屋台が連なっていて、もちろん車は入れなく歩行者天国でちょっとした食べ物中心の屋台街で、かなりの人で賑わっていた。 屋台通りを暫く行った処にアー…

「龍山寺(ロンシャンスー)」~台湾を代表するパワースポット!!

このお寺には、ありとあらゆる神様が祀られており、オールマイティーのお寺としても知られているよう。 バンコクのパワースポットとして街の中心にある「エラワン廟(びょう)」を紹介したが、ここも街のど真ん中にあります。 我家の次男は台湾に来たという…

夜の龍山寺を拝拝(バイバイ)~参拝には作法があるようで、門を入るときは左足から!

台北の主な観光地と言えば「龍山寺(りゅうざんじ)」、台北市内で最古の寺院。 「故宮博物院」、「中正記念堂」、「台北101」と台北の「四大外国人観光地」とされているようです。 夜でも中に入れて、更にライトアップされているので夜に行く価値があります…

「台北花園大酒店(タイペイ ガーデンホテル)」~西門町・龍山寺エリアにあるシティホテル

台北での2日目の夜からは、家族(お母さんと次男)と合流したので1泊目のホテルとは雲泥の差。 家族と一緒の時は、ある程度のホテルに宿泊します。 但し海外のホテルは1泊、1部屋いくらの部屋単位の料金ですので人数で割ったらそんなに高くはないかと。 今回…